メガネをすると余計に目が悪くなっていると思って、目が悪くなっても、メガネをしていない人がいます。 しかし、そんなことはありませんし、メガネをしないとどんどん視力が低下していくので気をつけてください。 では、どうして目が悪い場合、メガネをしないといけないのでしょうか? 目が悪いのに関わらず、メガネをしないと目が疲れやすくなります。 目が疲れやすくなると目の筋肉が緊張してしまい、視力を低下させてしまうのです。 このように、物がよく見えない状態で過ごしてしまうと視力低下を招くので、目が悪くなった場合は、早めにメガネをするようにしましょう。 特に、車を運転されるの場合には、視力が低下してきて、物が見えにくくなってきたと感じたら、できるだけ早くメガネを作ってください。 そのままの状態で運転をしていると目が疲れてしまい、事故を起こしやすくなります。 また、目が悪くなると車間距離も分かりにくくなるので、大変危険です。 どうしてもメガネをしたくない場合は、コンタクトレンズという選択肢もありますが、目への負担をより軽くしたいのならメガネをした方がいいでしょう。